びまん性脱毛症とは

今まで髪の毛が生えていた箇所に髪の毛が生えなくなってしまうことを脱毛症を言いますが、これにはいろいろな種類があります。更年期の女性も髪の毛が抜けやすくなってしまうために脱毛症の対策が必要となります。

 

そして更年期の女性が注意しなければいけない脱毛症にびまん性脱毛症があります。これは頭の髪の毛全体が薄くなってしまう脱毛症のことを言います。そのため更年期の女性は以前に比べて髪の毛のボリュームが少なくなったと感じる人が多いです。

 

そこでびまん性脱毛症についてこれから書いていくことにします。

 

びまん性脱毛症の詳細

びまん性脱毛症になってしまう原因としてあげられるのが不規則な生活をしていることによる体調不良や栄養不足、ストレス、無理なダイエットなどがあげられます。しかし更年期の女性の場合は女性ホルモンの減少によって髪の毛が成長する作用が弱くなってしまうことによって起こります。
具体的には女性の中にも男性ホルモンがあり、本来であれば女性ホルモンのほうが多いので、男性ホルモンが悪い方向に働いて脱毛症を引き起こすといったことはありません。しかし更年期を迎えると女性ホルモンの減少に伴って男性ホルモンのほうが優位になります。これによって男性ホルモンに含まれている髪の毛の成長を妨げる成分が働いて脱毛症を引き起こしてしまうことになります。

 

またびまん性脱毛症は女性型のAGA(男性型脱毛症)などと呼ばれています。