閉経と薄毛

更年期を迎えている女性はそれと同時に閉経を迎えることになります。閉経とは卵巣の働きが機能しなくなる状態のことをいい、これによって月経が無くなってしまいます。閉経の状態になることによって生殖機能が無くなってしまうので妊娠や出産をすることが難しくなります。

 

そして閉経の状態になると髪の毛が抜けやすくなって、薄毛に悩まされることがありますが、その原因として女性ホルモンの減少があげられます。

 

閉経によって女性ホルモンが急激に無くなります

閉経の状態になるとエストロゲンという女性ホルモンが急激に無くなります。エステロゲンとは女性らしい体を形成したり、生殖しやすい状態に保ったり、髪の毛をしっかり成長させたりする働きのある女性ホルモンのことですが、これが急激に無くなることによって前述した女性らしさも失われていくことになります。そのため髪の毛をしっかり成長させることができなくなってしまうので、抜け毛が多くなって薄毛の状態になってしまいます。

 

薄毛を予防するにはどうすればいいか?

エステロゲンの急激な減少によって起こる閉経の時の薄毛を予防するための方法としてイソフラボンという成分をたくさん摂取することがあげられます。イソフラボンとは大豆に含まれている成分の一つで人の体調を良くしたり、髪の毛の成長を促進させたりする効果があります。そのため閉経による薄毛もイソフラボンが多く含まれている大豆、納豆、豆腐などをたくさん食べるようにするといいでしょう。また女性用育毛剤を利用して薄毛を予防するというのも一つの手です。