更年期女性の1日に抜ける髪の平均本数は?

女性が更年期を迎えると抜け毛が目立つようになるのでとても気になります。例えばお風呂に入って髪の毛を洗っている時にたくさん毛が抜けると不安になることも多いです。そこで更年期女性の1日に抜ける髪の毛の本数の平均はどのくらいなのかということを知っておくと不安や心配を軽減できる場合もあります。

 

そこで更年期女性の1日の抜ける髪の毛の本数は平均どのくらいで、通常の場合と比べてどれほどの違いがあるのでしょうか?

 

更年期女性の場合は通常の場合よりも多いです

更年期女性の1日に抜ける髪の毛の本数の平均は大体200本前後くらいで、季節によって抜ける本数にも差があります。具体的には春から夏の時期にかけては抜ける髪の毛の本数は少なくなりますが、秋の10月、11月は多くなります。そのため仮に秋の時期に1日に200本以上の髪の毛が抜けたという場合でも更年期を迎えている女性であれば十分ありえる話なのであまり心配する必要はないでしょう。また抜け毛の本数だけでなく、髪の毛の質も結構重要なので、抜ける髪の毛の本数が許容範囲でも質が悪い場合は注意する必要があると言えます。

 

通常の場合は平均60本から100本前後です

通常の場合、人の髪の毛が1日に抜ける本数は平均で60本から100本前後です。普段はあまり気にしないのですが、ごく普通の人でも1日に結構多くの髪の毛が抜けていることがわかります。また抜け毛の多い秋の時期には平均で150本前後の髪の毛が抜けることもあります。更年期になると通常の場合よりも少し抜け毛が多くなりますが、それは体質上当たり前のことです。

 

そしてこのようなことを知っておくと女性が更年期に差し掛かって抜け毛が目立つようになってきてもそれほど心配することもなくなるでしょう。