通常の抜け毛原因と更年期の抜け毛原因の違い

更年期の女性が経験する抜け毛と一般の人がなる抜け毛はそれぞれ発症する原因が違います。そのため抜け毛対策もそれぞれ違ったアプローチが必要になってきます。そこで具体的に通常の抜け毛の原因と更年期の抜け毛の原因はどのような違いがあるのでしょうか?

 

通常の抜け毛の原因について

通常の抜け毛の場合は髪の毛を成長させる機能が破壊されてしまうことによって起こります。そのため髪の毛の量が減少したり、無くなったりしてしまいます。一般的に男性がこのような原因で髪の毛が抜けることが多いのですが、男性ホルモンの中に髪の毛の成長をストップさせてしまう成分が含まれています。これが悪いように作用することによって髪の毛が抜けてしまう要因を作ってしまいます。また通常の抜け毛の場合はどこか一部分の髪の毛が極端に薄くなってしまうというのも特徴です。

 

更年期の抜け毛の原因について

更年期の女性の抜け毛の場合は女性ホルモンが少なくなってしまうことによって発生します。女性ホルモンには女性らしさを保つためのいろいろな作用があるので、無くなってしまうことによって強くて美しい髪の毛が生えにくくなってしまいます。しかし更年期の時に発生する抜け毛は通常の抜け毛とは違い、髪の毛が弱くなってしまうだけで本数が少なくなるわけではありません。そのため更年期の抜け毛の場合は頭全体の髪の毛のボリュームが少なくなるという感じになります。

 

そして更年期の抜け毛は育毛剤を使用したり、しっかりとした髪の毛が生えてくるような栄養素を取ることによって対策をすることが可能です。また血行を良くする栄養素を取り入れるのも効果的であると言えます。