白髪染めで薄毛になるってホント?

更年期の女性は髪の毛にも老化の影響が出てきて白髪の量が多くなってしまいます。しかし白髪が増えてしまうと女性としての魅力が失われてしまうことになるので少しでも対策したいと考えます。そして白髪対策として白髪染めを利用することになります。

 

しかし白髪染めを利用すると薄毛の原因になってしまうという話をよく耳にします。この話がホントだとすると白髪対策として使うと髪の毛が薄くなってしまうので利用を控えなければならなくなります。そこで白髪染めで薄毛になるという話はホントなのでしょうか?

 

白髪染めに含まれている成分が間接的に原因となる場合があります

白髪染めもヘアカラーをする時に利用するものと同じで、いろいろな成分が含まれています。そして中には頭皮や髪の毛に悪い影響を与えてしまう成分も含まれていて、これが頭皮や髪の毛にダメージを与えて抜け毛につながってしまうこともありえます。そのため白髪染めに含まれている成分が間接的に抜け毛の原因になる場合があります。

 

白髪の量を減らし、利用方法を工夫することで対処可能です

それでは白髪が出てきてしまった更年期の女性はどのように対処すればいいのかというと白髪の量を少しでも減らす努力をして、なおかつ白髪染めの利用方法を工夫することです。まず白髪は年齢を重ねるだけでなく、ストレス、健康不良、ホルモンの減少などによっても起こります。そのため普段から規則正しい生活をすることによって白髪の量を減らすことが可能です。
また白髪の量を減らすことができれば、白髪染めの利用する回数も少なくすることができます。これによって白髪染めに含まれている薄毛の原因となる成分をあまり摂取しないで済み、薄毛を防ぐこともできます。
それから白髪染めを髪の毛全体に塗るのではなく、白髪が目立つところだけに塗るのも一つの方法です。