更年期薄毛の特徴である頭頂部(てっぺん・つむじ部分)の薄毛 原因は?

更年期の薄毛は女性ホルモンが少なくなることによるホルモンバランスの乱れが原因で起こります。そのため髪の毛が生えてこなくなるのではなく、強くてしっかりした髪の毛が生えてこなくなります。そのため頭頂部のあたりの髪の毛のボリュームが以前より少なくなって薄毛の状態になるという特徴があります。

 

そこで更年期薄毛の特徴である頭頂部の薄毛が起こる原因はどのようなことがあげられるのでしょうか?

 

頭頂部の薄毛の原因

頭頂部にある髪の毛が薄くなってしまう原因はいろいろありますが、主なものとしてホルモンバランスの乱れ、血行不良などがあげられます。更年期の女性は女性ホルモンが減少することによって今まで保っていたホルモンバランスが変わってしまいます。そのため体に与える影響も変化してしまうことになり、髪の毛が成長するサイクルにも狂いが生じてしまうことになります。また血行不良になってしまうと頭頂部に生えている髪の毛までしっかり栄養素を運ぶことができなくなってしまいます。それによって生えてくる髪の毛が弱々しくなってしまい、抜け毛が多くなって薄毛となってしまいます。

 

頭頂部の薄毛の対策方法

更年期の女性に多く見られる頭頂部の薄毛の対策方法として生活習慣を規則正しくしてしっかり栄養を取ることが大事です。女性ホルモンの減少によりホルモンバランスが乱れているので、減少を少しでも抑えることによって頭頂部の薄毛を予防することもできます。また頭皮のマッサージをすると血行不良を改善することができるので効果的な対策をすることができます。